nyao soft♪


2019年10月1日以降の消費税への対応について

 
 
 
 
  2019年10月1日から消費税が10%と8%(軽減税率)となります
それに伴いまして、nyao soft♪で公開している関連アプリも対応するべくバージョンアップしました

■納品書系アプリ

2019年10月1日以降の区分記載請求書、2023年10月1日以降の適格請求書の発行へ対応しました
※適格請求書の場合は、納品元情報欄に登録番号を入力して下さい

基本的には、どの納品書系アプリも同様の仕様となっています

伝票の日付によって画面・印刷構成が切り替わります(ns納品請求管理のみは画面構成は変わらず軽減税率のチェックボックスが無効となります)

商品登録設定で、あらかじめ軽減税率適用商品を設定できます(2019年10月1日前でも設定可能)
商品登録設定で軽減税率適用の設定をしていても、伝票の日付が2019年9月30日までは軽減税率設定は伝票には反映されません

♪納品
(nyao soft♪アプリシリーズ)

Ver.22.05〜


ダウンロードはこちら

  ns納品p
(ストアアプリ)

Ver. 1.15〜


ダウンロードはこちら

  ns納品請求管理
(ストアアプリ)

Ver. 1.08〜


ダウンロードはこちら


2019年9月30日までの画面
 
2019年9月30日までの画面
 
2019年9月30日までの画面
   

2019年10月1日からの画面
 
2019年10月1日からの画面
 
2019年10月1日からの画面
   

商品登録設定画面
 
商品登録設定画面
 
商品登録設定画面
   


■会計系アプリ

以下の両アプリとも同様の仕様となっています

以前のバージョンでの税区分と対応バージョンでの税区分は以下のように変更されています

 <以前のバージョンでの税区分>

  対象外 課仕 課売 非売 免売 返仕 返売 貸倒

 <対応バージョンでの税区分>

  対象外 課仕10 課仕 8 課売10 課売 8 非売 免売 返仕10 返仕 8 返売10 返売 8 貸倒10 貸倒 8

  〔課仕10(80%) 課仕 8(80%) 課仕10(50%) 課仕 8(50%)〕・・・免税事業者からの(経過措置期間の)税区分
                                     ♪会計Ver.25/ns会計Ver.2.21以降追加

科目設定であらかじめ軽減税率適用の科目として登録設定できます(科目名称の末尾に「※」を入力しておく)

以前のバージョンで記帳された税区分は、対応バージョンで読み込む時に自動で新税区分へ変換されます
たとえば、課仕 → 課仕 8 、課売 → 課売 8 というように8%のそれぞれの税区分へ変換されます
※一度対応バージョンで読み込んで、保存したファイルは、以前のバージョンで読み込むことはできなくなります
※<注意!>貸倒処理した金額の算出は、Ver22.05以前のバージョンでは、「貸倒」指定しなくても問題ありませんでしたが、
 
2019101日以降の増税及び軽減税率のために、「貸倒 8」または、「貸倒10」を必ず選択して下さい
  また貸倒の戻りが発生した場合は、貸方に記載せずに、借方にマイナスで記帳して下さい

♪会計
(nyao soft♪アプリシリーズ)

Ver.22.05〜


ダウンロードはこちら

  ns会計
(ストアアプリ)

Ver. 2.08〜


ダウンロードはこちら


以前のバージョンでの税区分が
新税区分へ変換されています
 
以前のバージョンでの税区分が
新税区分へ変換されています
 

登録設定画面
科目名称の末尾に「※」を入力
 
登録設定画面
科目名称の末尾に「※」を入力
 



 
  トップページ(ソフト一覧) | ライセンスパスワード(有料ソフトのご購入) | サポート&よくある質問(作者へメール) | リンク  


(C)nyao soft♪